一覧に戻る

世界最高水準の性能の太陽光パネル






※JIS C 8960 における真性変換効率
(H.24年度J-PEC計算方式での変換効率

純度の高いシリコンを太陽光発電パネルに使うと、劣化率が低くなります。

一般的に太陽光発電パネルに使われているシリコンは、純度「シックス・ナイン99.9999%」が多いです。

当社は、「ナイン・ナイン99.9999999%」の劣化の少ない超高純度パネルを採用しているため発電パネルの劣化は20年間で4%と少なく長寿命です。

大型の太陽光発電設置で注意することは、高性能で高品質のポリシリコン純度を材料にした太陽光発電パネルを設置しないと、パネルの劣化により、収益が下がる可能性があることです。

かつて、発電所建設の本で再三再四、このことを述べてきました。今、太陽光発電の専門誌で、その重要性が取り上げられて、パネル劣化による収益低下が問題になっています。また、面積あたりの発電効率が高い1枚当り270Wクラスの高性能パネルでないと、ローン0円住宅を追求することはできません。

変換効率が高い(値が大きい)太陽光発電パネルは、小さな面積でも大きな出力が得られることになります。

屋根の面積が小さくても、変換効率が高い太陽光発電パネルを選べば、より大きな出力を得られ、売電収入も多くなります。

一度家を建てると、長期間ローンを払い続けます。 家を設計する人は、ローンの情報をいろいろと提供して、最も安全なローンと、太陽光発電収益を組み合わせて、より安心な家を提供する必要があります。

世界最高ランクのポリシリコン純度99.9999999%、「ナインナイン」と呼ばれる高純度パネルを使う理由がそこにあります。一般的には純度99.9999%「シックスナイン」が多いのですが、お客様には公開されていません。

このように、材料の質まで情報開示して、誠実に販売すべきです。
建築する側と、お施主様双方の理解と協力がないと、ローン0円住宅はできません。

< 何故ローン0円で家が建つのか設備【省エネ設備】 >

有限会社フォルム

フォルムのHP ご請求・お問い合わせ

〒195-0074 東京都町田市山崎町1534番地会社概要はこちら

お気軽にお問い合わせ下さい[042-792-4061]受付時間9:00〜18:00

[お問い合せ・資料請求]24時間受付中!

PAGE TOP